「最近体の調子がわるい。けんしんでも受けてみるか」というのは間違っている??
 体の調子が悪いというのは、もうすでに症状があるわけですから、病院へいって診察を受けてください。けんしんは自覚症状のない人が受けるもので、目的が全く違います。現在日本では、病院を選ぶのも検診(健診)を受けるのも本人の自由です。無症状であったらけんしんを受け、自覚症状がある場合には、医療機関を即受診しましょう!

検診(健診)を受けただけで満足しては意味がない!

 生活習慣病といわれるように、いろいろな生活習慣や食生活が病気に深く関わっています。検査をして、生活習慣病を早期発見・早期治療したり、予防することが重要です。

けんしん施設と医療機関は違うもの
 検診(健診)は、ただ受けただけでは何の意味もありません。検査の結果をよく説明してもらい、まったく異常がないといわれた人以外は、どのような対策をたてたらよいか、かかりつけ医に相談しましょう。病気というのは、すぐになるものではありませんが、だからといって生活習慣を変えずに、ただ病気になるのを待っているだけでは、けんしんを受けた意味はなくなります。薬や手術で治すのが治療ではなく、食事療法や運動療法こそが治療なのです。


© sakai-iin