◆海藻類を使った食事◆

海藻類は高血圧症、脂質異常症、骨粗鬆症の治療食です。



「ヨードというミネラルが豊富で、血行や水分代謝をよくします。
カルシウム、鉄は野菜よりも豊富。海藻の中でも、わかめやのりは体を温める作用が強力です。」

@レンジで作るから、華やかおかずがラクに作れる。

わかめと白身魚の中華蒸し

  • 材料(2人分)

    ●わかめ(乾燥)…5g

    ●かいわれだいこん…20g

    ●ザーサイ(味つき)…20g

    ●白身魚(さわらなど)…2切れ

    [A]
    酒…大さじ2
    しょうゆ…大さじ2分の1
    しお…少々
    ごま油…小1

作り方

  • @
  • わかめは水でもどして、水けをきる。
  • A
  • かいわれは根元を除いて、横半分に切り、細切りのザーサイといっしょにまざておく。
  • B
  • 耐熱皿にごま油(材料外)を薄くぬって、魚を並べ、Aをからめてふんわりラップをかけ、レンジで3分加熱。
  • C
  • Bのラップを広げて、@をのせ、さらに1分加熱。約5分おいて、余熱で火を通す。
  • D
  • 皿に盛り、Aをのせる。

※野菜力UP!
わかめにはクロロフィルが大量に含まれ、口臭予防や抗がん作用も期待できます。かいわれはビタミンやミネラルが非常に多く含まれ、肌荒れや骨粗しょう症などを防ぎます。

A彩りも美しく、にんじんの甘みが引き立つ。

にんじんとのりたっぷりきんぴら

  • 材料(2人分)

    ●にんじん…1本(約200g)

    ●のり…1枚

    ●ごま油…大さじ2分の1

    [A]
    しょうゆ…小さじ1
    しお…少々
    ジンジャー黒蜜…大さじ1(下記参照
    または黒砂糖大さじ1
    しょうが汁小さじ3分の1

作り方

  • @
  • にんじんは皮をむいて3〜4pの短冊切りにする
  • A
  • のりは細かくちぎる。
  • B
  • ごま油を熱して、@を中火で約1分いため、Aを加えて味をつける。しあげにAを加えてひとまぜする。

※野菜力UP!
のりは血圧やコレステロールを下げ、熱に強いビタミンCも豊富です。

B和のおかずを洋風に変身。

ひじきのペペロンチーノ

  • 材料(2人分)

    ●ひじき(乾燥)…30g

    ●赤とうがらし…1本

    ●にんにく…1片

    ●オリーブ油…大さじ1

    [A]
    しょうゆ…小さじ1
    しお…小さじ3分の1
    こしょう…少々

作り方

  • @
  • ひじきは15〜20分みずにつけてもどし、ざるにあげて水けをきる。とうがらしは種を除いてちぎる。
  • A
  • にんにくは薄切りにして、オリーブ油でいため、@を加えて、いため合わせる。1〜2分いためたらAで味をつける。

※野菜力UP!
ひじきは海藻の中でもカルシウムが多く含まれています。

Cいつも用意しておくと便利です。

冷蔵庫に入れておきたい

しょうがドレッシング

  • 材料(作りやすい分量)

    ●おろししょうが…大さじ1

    ●おろしにんにく…小さじ1

    ●オリーブ油…130cc

    ●黒酢…65cc

    ●しょうゆ…50cc

    ●自然塩…小さじ3分の2

    ●こしょう…少々

作り方

  • @
  • すべての材料を泡だて器でよくまぜ合わせる。。

※強力に温めるので。体を冷やす野菜のサラダに使えばその欠点を除いてくれます。



甘いものをとりたいときにおすすめ

ジンジャー黒蜜

  • 材料(作りやすい分量)

    ●しょうがのしぼり汁…大さじ3

    ●黒砂糖…200g

    ●ミネラルウォーター…200cc

作り方

  • @
  • 鍋に黒砂糖、ミネラルウォーターを入れ、よくまぜ合わせる。半分の量になるまで煮詰め、しょうが汁を加え、もうひと煮立ちさせる。
  • A
  • 煮沸消毒した密閉びんに入れ、冷蔵庫で保存し、3週間くらいで使い切る。

※お湯に溶かしてホットドリンクにするとかぜ防止になります。紅茶やコーヒーなどに入れても楽しめます。

※石原結實レシピ集を参考


© sakai-iin