ドクター酒井は本日休診

東京・横浜・湘南から「草莽崛起!」(75)

 

“日本の帰化制度”

法務省によると、

Q1: 帰化とは,何ですか?

帰化とは,その国の国籍を有しない者(外国人)からの国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して,国家が許可を与えることによって,その国の国籍を与える制度です。日本では,帰化の許可は,法務大臣の権限とされています(国籍法第4条)。
 法務大臣が帰化を許可した場合には,官報にその旨が告示されます。帰化は,その告示の日から効力を生ずることとなります(国籍法第10条)。

Q2: 帰化の条件には,どのようなものがありますか?

帰化の一般的な条件には,次のようなものがあります(国籍法第5条)。
 また、これらの条件を満たしていたとしても,必ず帰化が許可されるとは限りません。これらは,日本に帰化するための最低限の条件を定めたものです。

1  住所条件(国籍法第5条第1項第1号)  帰化の申請をする時まで,引き続き5年以上日本に住んでいることが必要です。なお,住所は,適法なものでなければなりませんので,正当な在留資格を有していなければなりません。 ?

2  能力条件(国籍法第5条第1項第2号)  年齢が20歳以上であって,かつ,本国の法律によっても成人の年齢に達していることが必要です。 ?

3  素行条件(国籍法第5条第1項第3号)  素行が善良であることが必要です。素行が善良であるかどうかは,犯罪歴の有無や態様,納税状況や社会への迷惑の有無等を総合的に考慮して,通常人を基準として,社会通念によって判断されることとなります。 ?

4  生計条件(国籍法第5条第1項第4号)  生活に困るようなことがなく,日本で暮らしていけることが必要です。この条件は生計を一つにする親族単位で判断されますので,申請者自身に収入がなくても,配偶者やその他の親族の資産又は技能によって安定した生活を送ることができれば,この条件を満たすこととなります。 ?

5  重国籍防止条件(国籍法第5条第1項第5号)  帰化しようとする方は,無国籍であるか,原則として帰化によってそれまでの国籍を喪失することが必要です。なお,例外として,本人の意思によってその国の国籍を喪失することができない場合については,この条件を備えていなくても帰化が許可になる場合があります(国籍法第5条第2項)。 ?

6  憲法遵守条件(国籍法第5条第1項第6号)  日本の政府を暴力で破壊することを企てたり,主張するような者,あるいはそのような団体を結成したり,加入しているような者は帰化が許可されません。 ?  なお,日本と特別な関係を有する外国人(日本で生まれた者,日本人の配偶者,日本人の子,かつて日本人であった者等で,一定の者)については,上記の帰化の条件を一部緩和しています(国籍法第6条から第8条まで)。

Q3: 帰化には,どのような手続が必要ですか?

1  帰化許可申請の方法  本人(15歳未満のときは,父母などの法定代理人)が自ら申請先に出向き,書面によって申請することが必要です。その際には,帰化に必要な条件を備えていることを証する書類を添付するとともに,帰化が許可された場合には,その方について戸籍を創設することになりますので,申請者の身分関係を証する書類も併せて提出する必要があります。  帰化申請に必要となる主な書類については,Q4をご覧ください。 ?

2  申請先  住所地を管轄する法務局・地方法務局

※ 帰化許可申請

Q4: 帰化許可申請に必要な書類には,どのようなものがありますか?

帰化許可申請に必要となる主な書類は,次のとおりです。

1  帰化許可申請書(申請者の写真が必要となります。)

2  親族の概要を記載した書類

3  帰化の動機書

4  履歴書

5  生計の概要を記載した書類

6  事業の概要を記載した書類

7  住民票の写し

8  国籍を証明する書類

9  親族関係を証明する書類

10  納税を証明する書類

11  収入を証明する書類

12  在留歴を証する書類

国籍を証する書面及び身分関係を証する書面については,原則として本国官憲が発給したものを提出する必要があります。  なお,申請者の国籍や身分関係,職業などによって必要な書類が異なりますので,申請に当たっては,法務局・地方法務局にご相談ください。

以上が法務省の帰化要件です。

反日帰化日本人による日本のメディア、国会議員、教育者への反日活動汚染をくい止める為に、日本の帰化制度を厳格化する必要があります。

@我が国の国籍を取得することは、現状では余りにも簡単で容易過ぎます。

A日本人に成る為には、少なくとも合法的在日生活が10年以上は必要でしょう。

B帰化日本人が反日活動を行った場合には、極刑に処すべきです。

C 自己保有資産についても、日本人の平均保有資産額以上の数字を明記して、自立生活力に関する帰化資格を明確にすべきです。

D我が国が他国と戦争状態に陥った時に、日本人として日本の国益を守る戦闘行為に参加する義務についての同意宣誓書を取るべきです。

E我が国の歴史・伝統・文化・宗教について十分な理解と愛国心を持ち、万世一系の男系皇統を2678年間続けている皇室、日本国の國体を尊崇護持することを誓わせる式典に参加しなければ、日本人への帰化は絶対に認めるべきではありません。

F今迄の日本人への帰化制度が杜撰でザル法同然だった為に、国会で反日帰化国会議員が跳梁跋扈し、皇室制度や自主日本国憲法制定に打撃を与え障害となっているのが深刻な我が国の現状です。


 
     

© sakai-iin