みんなの健康法

心房細動

1.
 心房が1分間に450〜600回の頻度で不規則に興奮し、その興奮波が房室結節(ぼうしつけっせつ)へ無秩序に伝わるために、心室興奮は確実に不規則になる不整脈です。
2.
 心房細動は、期外収縮(きがいしゅうしゅく)に次いで起こりやすい頻脈性(ひんみゃくせい)不整脈で、高齢になるほどその頻度は増します。
3.
 一過性(いっかせい)心房細動、発作性心房細動、持続性心房細動、永続性心房細動に分類され、 持続性心房細動の一部と永続性心房細動を合わせて慢性心房細動といいます。
4.
心房細動の原因は?
 僧帽弁(そうぼうべん)疾患などの心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、高血圧性心疾患、虚血性(きょけつせい)心疾患、拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)や肥大型(ひだいがた)心筋症などの心筋疾患があって心房に負荷がかかっている場合のほか、呼吸器疾患、甲状腺疾患などに合併しますが、基礎疾患のない患者さんにも起こります。 (孤立性心房細動
5.
 孤立性心房細動も一過性心房細動として発症し、次第に心房細動を繰り返すようになって、慢性心房細動へ移行します。
6.
 心房細動を起こすのは、心房内を不規則に興奮が旋回するリエントリー(回帰興奮および回帰収縮)と考えられていますが、多くの心房細動は肺静脈を起源とした期外収縮が引き金になって生じることが明らかになりました。また、肺静脈内の頻拍が左心房内へ伝わり、心房細動になることもあるようです。
7.
症状
 発作性頻拍と同じように心房細動が新たに始まる時には、突然始まる動悸として自覚されることが多いようです。胸がもやもやする、胸が躍(おど)るようだ、あるいは胸が痛い、めまいがする、というように感じることもあるようです。
8.
 発作性心房細動を繰り返す時は、症状は強いのが一般的です。意識はあり動けるのですが、仕事が手につかなかったり、集中できません。致死的な不整脈ではありませんが、生活の質(QOL)は低下します。
9.
検査
 甲状腺機能試験を含めた血液生化学検査、心エコー検査、12誘導心電図、胸部X線検査、24時間ホルター心電図等を行います。
10.
心房細動の治療方法

Ⅰレートコントロール
 心房細動中の心拍数を減らして自覚症状の軽減を急ぐ時には、ジギタリスやカルシウムチャンネル遮断薬のベラパミルを点滴静脈注射(静注)します。経口薬としてはジゴキシン、ベラパミルのほかにジルチアゼム、β(ベータ)遮断薬が使われます。心拍数を毎分130以下に減らすことで、心不全の予防にもなります。
 
 心房細動のままで心拍数をコントロールし、脳梗塞予防のための塞栓症治療(抗凝固療法)を併用する治療を行ないます。

 

Ⅱリズムコントロール
 心房細動の除細動には電気ショックや、抗不整脈薬の静注または経口投与が行われます。電気ショックは心機能が低下していたり、薬剤が効かなかったり、除細動を急ぐ時に行ない、一般的には抗不整脈薬を投与します。除細動を急ぐ時には抗不整脈薬の静注、急がない時には経口薬を投与してリズムコントロールを行います。

 

Ⅲ薬の選択
 心房細動に使える抗不整脈薬は16種類以上ありますが、数十分から数時間内の除細動にはナトリウムチャンネル遮断薬、数日から数カ月かけて除細動をする時にはカリウムチャンネル遮断薬が向いています。除細動をしたあとの洞調律維持には、カリウムチャンネル遮断薬もナトリウムチャンネル遮断薬も使えますが、有効率は前者で50〜80%、後者で約50%前後です。

 除細動に際しては、除細動前から抗凝固薬(こうぎょうこやく)を投与して脳梗塞を予防すべきです。

 

Ⅳ非薬物療法
 多くの心房細動は、肺静脈を起源とした期外収縮が引き金になって生じたり、肺静脈内の頻拍が左心房内へ伝わって生じます。最近では、肺静脈と左心房の間の電気的興奮を離断することによって心房細動を根治させるカテーテル・アブレーションが行われています。成功率は60〜90%です。  

 また、心房を迷路のように区切って、心房細動を起こさないようにするメイズ手術もあります。


© sakai-iin